製品情報 >> SQLMakerトップページ >> 動作環境

動作環境

SQLMaker for Oracle SQLMaker for Sybase
SQLMaker iNet (SQL Server) SQLMaker for DB2
その他注意事項 ExcelとOSのバージョン対応表

Oracle版 動作環境(2016/07/15)
Excelバージョン SQLMaker2010 SQLMaker2007 SQLMaker2003 SQLMaker2000  SQLMaker97   SQLMaker95 
Excel 2016
64 / 32 bit
× × × × ×
Excel 2013
64 / 32 bit
× × × × ×
Excel 2010
64 / 32 bit
× × × × ×
Excel 2007 × × × ×
Excel 2003
※2
× ×
Excel 2002
(XP)
× ×
Excel 2000 × × ×
Excel 97 × × × ×
Excel 95 × × × × ×
Oracleバージョン SQLMaker2010 SQLMaker2007 SQLMaker2003 SQLMaker2000  SQLMaker97   SQLMaker95 
Oracle 12c × × × × ×
Oracle 11g × × ×
Oracle 10g × × ×
Oracle 9i × ×
Oracle 8i
※3

※3
× ×
Oracle 8 × × ×
Oracle 7 × × × ×
Windows
バージョン
SQLMaker2010 SQLMaker2007 SQLMaker2003 SQLMaker2000  SQLMaker97   SQLMaker95 
Windows 10 × × × × ×
Windows 8
(8.1)
× × × × ×
Windows 2012
Server
× × × × ×
Windows 7 × × × ×
Windows 2008
Server
× × × ×
Windows Vista × × ×
Windows 2003
Server
× ×
Windows XP ×
Windows 2000 × × ×
Windows 98 × ×
Windows 95 × × ×
備考
・バージョンによって対応範囲が異なる場合がございます。上記表は最新バージョンでの対応範囲になります。
・DBサーバーとの接続にはOracleクライアントが必要です。またOCIライブラリが必要になります。
・データベースとWindows、WindowsとExcelの動作の組み合わせは、各メーカーの動作環境に準じますので必ずしもこの組み合わせで動作保証されるものではありません。
・各ExcelのバージョンとOSの対応については、こちらをご覧ください。

ご注意
・Windowsターミナルサーバー環境での動作確認は行っておりません。
※1 SQLMaker2000 for Oracle Ver4.0 Release2製品では、必ずこちらをご覧ください。
※2 Excel2003へのパッチ適用状況によっては正しい結果を得られない場合があります。SQLMaker2003 for Oracle製品をご利用いただくか、Excel2000をご利用ください。SQLMaker2003 for Oracle製品へのバージョンアップ価格はこちらをご覧ください。
※3 Oracle 8i接続には、Oracle 9i以降のクライアントソフトが必要になります。詳しくはSQLMakerに同梱されています「お読みください」ファイルをご覧ください。
※4 対応時期については、お問い合わせください。

ページのトップへ

Sybase版 動作環境(2016/07/01)
Excelバージョン SQLMaker2010 SQLMaker2007 SQLMaker2003 SQLMaker2000  SQLMaker97   SQLMaker95 
Excel 2016
64 / 32 bit
× × × × ×
Excel 2013
64 / 32 bit
× × × × ×
Excel 2010
64 / 32 bit
× × × × ×
Excel 2007 × × × ×
Excel 2003
※1
× ×
Excel 2002
(XP)
× ×
Excel 2000 × × ×
Excel 97 × × × ×
Excel 95 × × × × ×
Sybaseバージョン SQLMaker2010 SQLMaker2007 SQLMaker2003 SQLMaker2000  SQLMaker97   SQLMaker95 
ASE 16.0 × × × × ×
ASE 15.x × × ×
ASE 12.5.x/
11.5.x 11.9.x
× ×
SQL Server
10.0.1~11.0.3
Sybase IQ 11.x
Windows
バージョン
SQLMaker2010 SQLMaker2007 SQLMaker2003 SQLMaker2000  SQLMaker97   SQLMaker95 
Windows 10 × × × × ×
Windows 8
(8.1)
× × × × ×
Windows 2012
Server
× × × × ×
Windows 7 × × × ×
Windows 2008
Server
× × × ×
Windows Vista × × ×
Windows 2003
Server
× ×
Windows XP ×
Windows 2000 × × ×
Windows 98 × ×
Windows 95 × × ×
備考
・バージョンによって対応範囲が異なる場合がございます。上記表は最新バージョンでの対応範囲になります。
・DBサーバーとの接続にはSybaseクライアントが必要です。
・データベースとWindows、WindowsとExcelの動作の組み合わせは、各メーカーの動作環境に準じますので必ずしもこの組み合わせで動作保証されるものではありません。
・各ExcelのバージョンとOSの対応については、こちらをご覧ください。
・IQ12は対応していません。

ご注意
・SQLMaker95 for Sybase SQL Server は、 Release 2より SQLMaker95 for Sybase に製品名が変更されました。
・Windowsターミナルサーバー環境での動作確認は行っておりません。
・SQLMakerが対応している列属性の 詳細はトライアルモード版インストール後、
ヘルプ -> マクロ関数一覧 -> タイプコード一覧 をご覧ください。ダウンロードはこちらから。
※1 Excel2003へのパッチ適用状況によっては正しい結果を得られない場合があります。SQLMaker2003 for Sybase製品をご利用いただくか、Excel2000をご利用ください。SQLMaker2003 for Sybase製品へのバージョンアップ価格はこちらをご覧ください。
※2 対応時期については、お問い合わせください。

ページのトップへ

SQL Server版 動作環境(2015/03/03)
Excelバージョン SQLMaker 2010 SQLMaker iNet2000  SQLMaker iNet97   SQLMaker iNet95 
Excel 2016
64 / 32 bit
対応予定
※3
× × ×
Excel 2013
64 / 32 bit
× × ×
Excel 2010
64 / 32 bit
× × ×
Excel 2007 × ×
Excel 2003
※1
Excel 2002
(XP)
Excel 2000 ×
Excel 97 × × ×
Excel 95 × × × ×
SQL Server
バージョン
SQLMaker 2010 SQLMaker iNet2000  SQLMaker iNet97   SQLMaker iNet95 
SQL Server 2012 × × ×
SQL Server 2008
SQL Server 2005
SQL Server 2000
SQL Server 7.0 × × × ×
SQL Server 6.5 × × × ×
Windows
バージョン
  SQLMaker 2010   SQLMaker iNet2000  SQLMaker iNet97   SQLMaker iNet95 
Windows 10 対応予定
※3
× × ×
Windows 8
(8.1)
× × ×
Windows 2012
Server
× × ×
Windows 7 × ×
Windows 2008
Server
× ×
Windows Vista ×
Windows 2003
Server
Windows XP
Windows 2000 × ×
Windows 98 × ×
Windows 95 × × ×
備考
・バージョンによって対応範囲が異なる場合がございます。上記表は最新バージョンでの対応範囲になります。
・DBサーバーとの接続にはSQLServerクライアントが必要です。
・データベースとWindows、WindowsとExcelの動作の組み合わせは、各メーカーの動作環境に準じますので必ずしもこの組み合わせで動作保証されるものではありません。
・各ExcelのバージョンとOSの対応については、こちらをご覧ください。

ご注意
・DB Lib, NetLib は、ご利用になる 各Microsoft SQLServer に付属しているものを必ず利用して下さい。
・SQLServer2000:クライアントのクライアントネットワークユーティリティでサーバーの別名設定が必要です。
・Windowsターミナルサーバー環境での動作確認は行っておりません。
・SQLMakerが対応している列属性の 詳細はトライアルモード版インストール後、ヘルプ -> マクロ関数一覧 -> タイプコード一覧をご覧ください。ダウンロードはこちらから。
※1 Excel2003へのパッチ適用状況によっては正しい結果を得られない場合があります。Excel2000をご利用ください。
※2 推奨しませんが、動作させることが出来ます。SQLMaker iNet2000 Ver.4.0 Release3製品で必ずこちらの条件をご覧ください。
※3 対応時期については、お問い合わせください。

ページのトップへ

DB2版 動作環境(2015/03/27)
Excelバージョン SQLMaker2010 SQLMaker2007
Excel 2016
64 / 32 bit
対応予定
※1
×
Excel 2013
64 / 32 bit
×
Excel 2010
64 / 32 bit
×
Excel 2007
Excel 2003
Excel 2002
(XP)
Excel 2000 ×
Excel 97 × ×
Excel 95 × ×
DB2 バージョン SQLMaker2010 SQLMaker2007
DB2 10.x ×
DB2 9.7
DB2 9.5
DB2 9.1
Windows
バージョン
SQLMaker2010 SQLMaker2007
Windows 10 対応予定
※1
×
Windows 8
(8.1)
×
Windows 2012
Server
×
Windows 7
Windows 2008
Server
Windows Vista
Windows 2003
Server
Windows XP
Windows 2000 × ×
Windows 98 × ×
Windows 95 × ×
備考
・バージョンによって対応範囲が異なる場合がございます。上記表は最新バージョンでの対応範囲になります。
・DBサーバーとの接続にはDB2クライアントが必要です。
・データベースとWindows、WindowsとExcelの動作の組み合わせは、各メーカーの動作環境に準じますので必ずしもこの組み合わせで動作保証されるものではありません。
・各ExcelのバージョンとOSの対応については、こちらをご覧ください。

ご注意
・Windowsターミナルサーバー環境での動作確認は行っておりません。
※1 対応時期については、お問い合わせください。

その他注意事項
・クライアントPC 1 台ごとに SQLMaker のライセンスが必要です。
・記載されている製品名などの名称は、それを所有している会社等の商標 または登録商標です。
・各ExcelのバージョンとOSの対応については、こちらをご覧ください。

ページのトップへ